出会い系サイト=セフレを探す場所みたいなふうに考えられるのがいやです


実際に出会い系サイトの利用者の中には、セフレを募集している人も多いですし、そういう人の割合は男女ともにみられるので、出会い系サイトというものがそもそもセフレを募集するためのサイトなのだというふうにみなされることは、ある程度は仕方のないことかもしれません。

けれども、優良な出会い系サイトというのは本来、利用者の目的に合わせて、どのような形でも出会いを求められるのが、大きなメリットの一つです。だから、セフレを募集する目的で出会い系サイトを利用している人も確かにいるのですが、それと同時に、私と同じく恋人探しが目的で(もっと言うなら婚活が目的で)出会い系サイトを利用している人もたくさんいるのです。

人によって出会い系サイトを利用する目的というのはさまざまなので、どういう目的で出会い系サイトを利用しているのかという意思表示も重要になってきますし、知り合ってからの出会いのミスマッチ(知り合った男女の間で、出会い系サイトを利用している目的が異なっている状態)も避けなければなりません。

出会い系サイトの種類によって、例えば若い人たちが比較的多く集まるサイトや、その逆に、比較的年齢を重ねた男女が多く利用しているサイト(一概には言えませんが、熟女が多く集まるサイトなどは、不倫が暗黙の了解事項の一つとされていることもあります)そして、こいびと探しに特化したサイト(婚活に向いたサイト)などもきちんと用意されています。

自分がサイトを選ぶ前から、だいたいどのようなサイトがあるのかという傾向がつかめていれば、いざ出会い系サイトを利用し始めてからも出会いがスムーズにいくと思うのですが、実際にはそれほどうまくいくことばかりではありません。出会いがうまくいかないといえば、どうしても悪徳サイトのことばかり考えてしまうという人もいると思うのですが、実際には、サイトそのものに問題がある場合よりも、そのサイトを利用している会員じたいに問題がある場合のほうが多いように私は思います(出会系に関してはhttp://xn--eck4ae1fvfp23rghe5pebv6j.net/のサイトも参考になります)。

サイトがいくら優良でも、いくら便利であっても、そのサイトを利用するのは人間であって、世の中には残念ながらおかしな人もいるので、優良な出会い系サイトを選んだからトラブルに巻き込まれる心配はゼロであるというふうに安心することはできません。

実際に私は、ものすごく嫌な思いをしたことがあります。どんな経験をしたかというと、セフレを募集する男性にやたらとしつこく絡まれたのです。先ほども言いましたが、私は婚活を目的として出会い系サイトを利用しています。そんな私にとっては、出会い系サイトを利用してセフレ希望者と出会ってしまうこと自体が、完全な出会いのミスマッチなのです。

そういうことについては、仮にミスマッチが起こってしまった場合であっても、相手の男性に頭を下げて丁寧に(メールのやり取りなので実際に頭を下げて見せられるわけではありませんが)お付き合いができませんということを説明するわけですが、いくらそういう説明をしても納得してくれない人がいて、お前だって出会い系サイトを利用しているわけだからセフレがほしいんだろうといって無理に関係を迫られそうになったことがありました。

その事件以来、それまでより一層の警戒心をもって出会い系サイトを利用するようになって、そういう警戒心は私にとって必ずプラスになっていると思うので、怖い思いをしたことが無意味だったとは言いませんが、それでも、出会い系サイトを利用する=セフレが目当てだというふうにみなされるのはすごく嫌ですね。