神待ちの少女も、付き合ってみれば案外普通の女の子でした


神待ち少女っていうとなんだか普通ではないような気がするという人が多いと思います。実際に私も、出会い系サイトを利用してみる前にいろいろと調べていた時、どうやらこの世には出会い系サイトを利用して神待ちという行為をする女の子がいるらしいということを知った時は、それは絶対に変な子なのだろうというふうに決めつけていました。

確かに、神待ちという行為自体は、出会い系サイトを利用する方法という観点から考えても、それほど一般的な使い方ではないかもしれません。文字通り、出会い系サイトを利用しなければ実現できないような出会いです。しかし、出会い方が変わっているからといって、神待ちをやっている女の子自体がそれほど強烈に変わっているかといえば、決してそんなことは無いのです。

私が実際に神待ち少女と知り合ったときに、そのことをつくづくと実感しました。出会い系サイトを利用して神待ちをしている子は、最初のうちは自分が神待ちをしていることを隠しているというケースが非常に多いです。それは、自分が神待ちをしている人間だということがばれたら絶対に変な人間だと思われてしまうという危機感もあるでしょうし、よほど相手が信用できる人間だということがわかるまでは自分が神待ちだということを明かしたくないというような警戒心もあるだろうと思います。

最初は神待ちだという話を聞いても冗談だと思ったのですが、どうやら冗談ではないようでした。話すべきかどうかということを随分と迷ったうえで話してくれたようなので、それだけ私が信用されたということなのかもしれません。女の子は基本的に、神待ち少女に限らず自分のことをあまり話したがらない(そして自分の話ばかりする人を嫌う傾向にある)わけですが、逆に自分のことを話すようになったら、其の相手のことを信用しているということが言えそうです。

神待ちとか援助交際とか、そういう言葉を聞いただけでほとんど拒絶反応みたいなことになってしまう人は確かにいるだろうと思います。でも、神待ちじゃなくてもおかしい人はいっぱいいますし、正直なところ、出会い系サイトをどういうふうに利用しているのかということについては、あまり関係ないと思いますね。

若い世代に人気の神待ち掲示板はコチラ